レーザー・光の施術の流れや仕組み

 

人間の体にはいたるところに毛が生えており、どんな毛もだいたい2カ月〜3カ月くらいの周期で休止期から成長期、
成長期から後退期へと変わっています。カミソリや毛抜きなど、自分で処理を出来るのは成長期と後退期の毛のみで、休止期の毛はまだ皮膚の中で眠っている状態です。

 

 レーザー脱毛(光脱毛や医療レーザー脱毛)の仕組みは、メラニン色素に吸収された熱エネルギーで毛母や毛乳頭などの組織が破壊されることによって永久に脱毛を生じさせます。

 

エステの光脱毛とクリニックの医療レーザー脱毛の違いは、レーザーの威力の違いです。

 

エステの光脱毛は比較的弱いレーザーの為、医師がいなくても施術できるメリットがありますが効果が弱いです。

 

そのため施術回数が多くなります。
一方、クリニックの施術は医師立ち合いの元で行われるのでエステよりも威力の高いレーザーを使用することが出来、
効果も数回で得られることが出来ます。

 

 光でも医療でも基本的な施術の流れは同じです。
剃毛をした部位に火傷を防止するためのジェルを塗り、そのうえにレーザーを当てていきます。

 

照射後、肌が火照ったように感じる場合はアイスノンなどで冷却することをおすすめします。

 

また肌の中に眠っていた埋没毛がニョロニョロを出てくることもありますが、
無理に引っ張らず数日放っておくと自然にポロポロの抜け落ちていきます。

 

通院は毛周期に合わせて2カ月〜3カ月に一度が一般的です。
から通院を始めれば来年の夏まで気はツルツル肌を手に入れることが出来ますよ。"