光とレーザー、最大の違いは?!

 

光脱毛とレーザー脱毛の違いは、光脱毛はエステや脱毛サロンで行う脱毛方法で、レーザー脱毛は病院やクリニックなど医療機関で行う脱毛方法です。
光脱毛は波長の異なるいくつかの種類の光を組み合わせて脱毛を行いますが、ムダ毛の中にある黒色メラニン色素に光が反応して熱を発生させ、毛を作る働きをする毛母細胞にダメージを与えます。

 

医療レーザー脱毛も同じく仕組みでレーザーが発生する熱で毛母細胞を破壊するのですが、
医療用の出力の高いレーザーが使用できるため、エステや脱毛サロンと比較すると脱毛効果がたいへん高いのが特徴です。

 

どちらも黒色メラニン色素にしか反応しないので、周辺の皮膚組織にほとんどダメージを与えることがないのですが、
ごく稀に軽いやけどや赤みが起こることがあります。

 

 

医療レーザー脱毛は光脱毛よりパワーが強いために肌トラブルが起こりやすいのですが、
医療機関で行う施術法なので、すぐに医師の治療が受けられ、抗炎症効果のある薬が処方されるので非常に安心です。

 

施術も医師自身や医師の指導を受けた看護師により行われるのでより安心感があります。

 

エステや脱毛サロンでも医師と連携を取りながら脱毛を行っているところもあるので、
トラブルが起こった際には病院が紹介されるのでそれほど心配はいりません。

 

脱毛効果が高いのが医療レーザー脱毛ですがパワーが強い分痛みも強いので、
敏感肌などで肌が弱い方は、エステや脱毛サロンで行うお肌に優しい光脱毛の方が向いているかもしれませんね。